せどりティーチャーひろしのスキマ時間で月収10万円へ特別授業

せどりティーチャーひろしが、スキマ時間で月収10万円を稼ぐ方法を紹介

せどりティーチャひろしの厳選ノウハウ!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


http://www.tenbai-tosyokan.jp/bookcatalog/?issuer_id=1048

はじめまして。
 
へっぽこせどらーのひろしです。

僕のプロフィールをご覧頂きありがとうございます!

現在群馬県にて妻、2歳になる娘とともに暮らしています。

本業は保育園・学童保育に勤務です。

2015年1月より、副業でせどりを始めました。

最初は、近くにある数店舗のBookoffで108円本を、
副業後の数時間と、土日を使い全頭検査しました。

次に、近くの古本屋の閉店セールでの全頭検査で、
大量に在庫を増やすことが出来ました。

次に、◯ァミリー◯ックの閉店セールでCDの全頭検査で、
大量に在庫を増やしました。

その後は、電脳も取り入れ、
利益の出そうなものは何でもやって見る感じです。

最高月商は30万で利益率20〜25%ぐらいです。

しかし、利益がでた実感はまだありません。

藁をもつかむ思いでセミナーに参加、

これからの方向性を見出し、

月収100万円を目指して再出発しました。

その過程が、一人でも多くの方々に届き、

何かしらの参考になればと思います。

スタートする前に、なぜせどりを始めるようになったか、
経緯を簡単に書きますので、
もしよければ僕がどんな人間か知ってください。



幼少期〜青年期
兵庫県の田舎町に1978年に誕生しました。

父母とも公務員でしたが、
のびのびと好きなことをさせてもらい歳を重ねていきました。

小学校2年生からサッカーを始め、しばらく続けましたが、
中学校には尾崎豊の影響か少しづつ道を外れていきました。

高校に入るとサッカーも辞め、
仲間たちとスケーボー、ダンス、DJと遊び続けるまいにちでした。

高校入学後1年は、学校内ではまじめに勉学に励んでいました。

特に担任が英語の先生だったので、英語を頑張り、
少しですがホームステイもしました。

この時、自己プロフィールをノリで書き、
まったく経験もないのに将来の夢を「プロゴルファー」と、
書いてしまったため、もちろんホームステイ先はゴルフ一家でした。

ただでさえ英語で何を言っているのかわからないのに、
ゴルフの話をたくさんされてうんざりした記憶があります。

強い揺れが・・・
そして、高校一年生の1月17日、
阪神淡路大震災がおきました。

前の日の夜、神戸の街に遊びに行く予定でしたが、
キャンセルして家で寝ていました。

朝方突然の揺れで目が覚めました。

当時、高校は私立の学校に電車通学をしていました。

いつもは寝坊して出発が遅いのですが、この日に限って、
張り切って用意をして、友達を誘い駅に向かいました。

当然のことながら電車は止まり、学校は休校になりました。

仕方なく友達の家でゲームをして夕方まで過ごしました。

ゲームに疲れテレビのチャンネルを回してみると、
地獄のような光景がブラウン管の向こうにありました。

あまりの事の重大さに気づき、家路につきました。

それからの数ヶ月、学校は電車開通まで休校だったので、
大きな揺れで頭のネジが外れたのか、
前よりももっと朝から晩まで遊び続けました。

止まらない・・・
電車が開通し、学校が始まり無事に2年生になりましたが、
すぐに喫煙が発覚し、停学。

次に、夜中のツーリング中の事故で大型トレーラーと衝突、
九死に一生をえてましたが、またも、停学。

出席日数が足りずに留年。

しばらくは表面上おとなしくして、3年生になれましたが、
誕生日を迎えると同時に車の免許取得、高校に車通学。

下級生との喧嘩で停学。

他校生との喧嘩が傷害事件となり、
ついに退学となりました。

しかし、校長先生のありがたい配慮で、
通信の高校に転学という処置をとって下さり、
高校を卒業、大学に合格することが出来ました。


しかし、止まらない・・・
大学に入っても人生の坂道を転がりだした僕は、
止まりませんでした。

1年生はなんとか授業にでたものの、
2年生になると一人暮らしをはじめ、
毎晩、部屋で宴会を行っていました。

当然、酔っ払って学校に行き、
校庭のベンチで昼寝して、帰る。

そんな日々を続けました。

当然数カ月後には、
大学を中退することになりました。

まだまだ止まりません・・・

大学を中退しましたあと、
派遣会社などで、少し働きましたが、
すぐに辞めてしまいました。

その後は、パチンコ屋に朝から晩まで居続ける日々でした。

この時、パチンコ代を調達するために、たくさんの友達から借り、
それが尽きれば、親の金を盗む、どうしようもない人間になっていました。

自分の快楽のために、人が傷つくことなんてまったく考えなかったし、
自分さえ良ければ全て良いと思っていました。


その後、山あり谷ありの生活を続け、いろんな場所を転々とし、群馬にやって来ました。
そして、人として大切なもの、人と人の繋がりが大切さを知り、
今までの生活を一変するためにも、これからの世の中のために、
何が出来るか自分自身に問いかけ、学童保育・保育園での勤務を始めました。

しかし、収入的には苦しいいものがあり、成長していく娘のためにも、
副業でせどりを2015年1月から開始しました。
 
子育て仕事、せどりと毎日大忙しですが、がんばります!
よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ